経営理念・使命

ごあいさつ

愛生館グループ 代表

小林 清彦

愛生館グループは、創業者であり軍医であった小林清が終戦直後に、碧南市で診療所を開設したことから始まりました。縁をいただいて、現在の新川町で小林病院(現:小林記念病院)を運営してからは、結核病棟や地域の救急医療を担う中核病院としての役割を担いました。

その後、碧南市民病院が開設されたことが切っ掛けで、地域における愛生館の役割を見直すこととなりました。そこで2代目理事長である小林武彦は次代を見据え、当時では全国でも珍しい訪問看護事業所の立ち上げや、碧南市内で初となる老人保健施設を開設するなど、医療介護の複合体としての基盤創りに着手しました。また、「病院から在宅へ」と言われている時代に欠かせないリハビリ機能をいち早く整備し飛躍的に高めた結果、安城更生病院のような高度急性期医療を担う病院から、患者さんが在宅や地域の介護施設へ少しでもスムーズに戻れるような連携関係が構築できました。

今後、愛生館では「地域で生活している子どもから高齢者まで誰もが安心して暮らせる地域づくり」を目指しています。その第一歩として、碧南市の鷲塚地区にあるひまわり村に2022年4月「認定こども園」を開設いたします。

少子高齢化や人口減少という社会的課題は、これから我々の生活を大きく変化させていきます。このような時代だからこそ、地域の人と人が繋がることが必要です。これからも、愛生館はこの地域にある行政、企業、事業所等の様々な方々と共に「0歳から100歳までの方々を支援する仕組みづくり」を追求し続けます。

そして、「人々の人生をより豊かにする」という使命に基づき、地域の方々に「愛生館があって良かった」と思っていただけるよう、社会的課題に対して更なる努力を重ねてまいります。

使命・理念

経営指針・ビジョン

愛生館フィロソフィとベクトル

愛生館全従業員が会議等で必ず携帯する2冊の冊子があります。

1つ目は「愛生館フィロソフィ」
これは、愛生館の従業員としてのあるべき姿や目指すべき方向性を理事長が作成したものです。しかし、「愛生館フィロソフィ」は理事長の上に位置し、理事長の日々の経営判断基準は「愛生館フィロソフィ」に基づいて行われています。全従業員も同様です。

2つ目は「ベクトル」
こちらは、愛生館の使命・理念から始まり、各部門部署の目標の明示、個人の習慣作りや目標管理などに使うダイアリーで構成されているものです。

経営計画発表会

盛和塾生としての活動

盛和塾は、京セラ㈱の稲盛名誉会長から人としての生き方[人生哲学]、経営者としての考え方[経営哲学]を学ぼうと1983年に集まった自主勉強会に端を発足しました。
2019年12月末をもって閉塾しました。

活動内容

  • 各地域(たとえば東北地区・中部地区)では、稲盛塾長を迎えて例会(勉強会)を開催。
  • 例会では、塾長の実体験に基づく講話とコンパスタイルでの懇親会が行わる。
  • 年に一度、全国の塾生が集い、学び、交流し、親交を深め合う全国大会が1泊2日程度で開かれる意見交換に参加。
  • 会員数 62塾、6,169名(2011年1月現在)ブラジル、アメリカ、中国にも塾がある。

これらの活動に参加し、使命・理念の実現に向けている。

経営体験発表会最優秀賞 受賞

盛和塾世界大会にて、最優秀賞を頂きました。 全国から選ばれた8企業の経営者発表の中で、最も出席者に感銘を与える発表を行った者に授与される賞です。