7月25日 第18期生 日曜・祝日コースが修了しました。

12名の方が、無事に修了試験に合格され卒業されました。

4月の桜が咲くころに開講して約3か月間 22日間 みなさんお疲れ様でした。

無事に修了した受講生の感想です。

「先生方の講義や実技は、どれも楽しく先生の人間味のあふれる内容で介護の知識と技術の大切さ、奥深さを教えていただき、また多くの気づきもありました。講義を受ける前から廊下ですれ違った職員の方がどなたも笑顔で挨拶をしてくださり、温かい空気を感じました。」

「自分の介護があっているかどうか知識を得て確認できてよかったです。今、介護の仕事をしていますが、ここで学んだ事を実践しています。」

「家事や子供の事をやりながら休日ここで勉強して、大変でしたがとても充実していました。」

「グループワークでは、自分では経験したことがないことなのでなかなか考えがうかばなかったですが、みなさんと話す事で、あーこんな考えがあるのかとか気づきがありました。」

「研修に来るのが楽しみでした。自分の学習もそうですが、先生とみなさんと話すことで、癒しにもなっていました。」

などなど、とても書ききれませんが、修了式後にみなさんの思いをたくさん聞く事ができました。

現役高校生から67歳まで幅広い受講生12名でした。

みなさんの今後のご活躍をお祈り申し上げます。

サンパークに蓮の花が咲いていました。蓮の花の花言葉は「清らかな心」です。ハスが泥水の中から生じて、気高く清らかな花を咲かせることに由来するといわれます。

修了生の門出を祝して咲いているようでした。