特養ひまわりでの介護職員初任者研修も第5期となりました。

去る6月27日第5期生10名が無事修了試験をクリアして修了証書を受け取りました。

3ヶ月大変だった。

4月の開講から6月までの約3ヶ月間。座学、演習、振り返り・・・

合計130時間。お仕事をしながら、アルバイトをしながら、子育てをしながら

平日、週2回もココ特養ひまわりに通ってくださいました。

最初と最

修了証書授与後にみなさんからこの研修での感想をお聞きしました。

「介護の仕事をしているが、自分のやり方が間違っていたと感じた。勉強になった。」

「介護なんて自分の生活からはかけ離れていたので、できるか不安だったが、無事に修了できてよかった。」

「両親、姑、と介護を控えている人が身近にいて、今後とても役にたつと感じた。」

などなど研修事業者側としては、とてもうれしいお言葉をいただき大変ありがたかったです。

教務主任からは「みなさん、最初の開講式の時と最後の修了式の時では、顔つきが全く違います。それだけ、得たモノが多かったのではないかと思い、うれしく思います。」と

まだまだ続きます

みなさんの今後のご発展をお祈りします!

そして、まだまだ特養ひまわりでは初任者研修を開催しております。

すでに先週、第6期生(日・祝日コース)が開講しています。

今後も、初任者研修がよりよいものとなる様、努力いたします!