私たちのYES(看護師編)

YUNA EMOTO

投稿日:

小林記念病院(2015年4月入職:4年)

回復期リハビリ病棟を経験し、現在は慢性期リハビリ病棟にて勤務。
趣味は、ライブ、野球観戦、ドライブ

 

看護師を目指した理由は?

子供の頃から、憧れの職業でした。

高校生の時、母が入院。初めての事で、どうしていいのか分からず家族中パニック。 色々な事が手に付かず、学校でも落ち着かない日々でした。 そんな中、看護師さんの手厚いサポート、心配や不安な気持ちが和らぐ言葉、やさしい笑顔に本当に助けられました。

この経験で「患者さんやご家族の支えとなれる人になりたい」という想いが強くなり、看護師を目指しました。

病院に入院されている患者さんもご家族も、不安や寂しさなど様々な感情を抱えていると思います。少しでも和らぐよう、患者さんの目を見て話をし、相手の気持ちを考え行動する事を常に心掛けています。

病院ではどのような役割?

病棟のチームサブリーダーをしています。「後輩も増え、中堅になってきた私だからこその役割がある。スタッフ同士コミュニケーションをよく図り、信頼関係を築いて、より良いチームにしたい。」と考えています。大切にしている事は、スタッフ同士で患者さんの情報共有をする事と笑顔でいる事です。いつでも、誰からでも、声を掛けやすい存在になれるよう努めています。

また褥瘡予防委員として、回診補助などをしています。自分で体位変換が出来ない患者さんにとっては、体勢も制限がされ、とても辛い状況です。痛みを全て理解してあげる事は出来ませんが、患者さんに声を掛けながら体位変換をするなどの、安心に繋がるようなケアを心掛けています。

愛生館を選んだ理由は?

学校からの勧めがあり、見学へ行きました。スタッフがとても明るく、元気に仕事をする姿を見て、愛生館に惹かれました。そして、私も一員となり、働いている姿が想像出来たからです。

入職したての頃は、分からない事の連続で落ち込む事も、嫌になる事もありました。今では、刺激し合える多くの仲間がいる、大切な職場です。

愛生館はどんな職場?

現在勤務している慢性期リハビリ病棟(療養病棟)には、透析、難病、がんや終末期の方など様々な患者さんがいらっしゃいます。医師、薬剤師、リハビリなど多職種のスタッフと連携し、一人ひとりの患者さんに向き合っています。

愛生館のスタッフ全員が、“利用者第一主義”を念頭に、患者さんのニーズに応え、喜んで頂けるよう日々業務に努めているように感じています。

困っている事は、患者さんを搬送する際、院内のエレベーターが少し狭い事です。それも歴史ある病院だからこそだと思っています。少しずつですが、患者さんにとっても、スタッフにとっても、より良い環境へ改修工事も進められています。

執筆者:

関連記事

no image

人間として看護師として成長し続けていきたい
外来  勤務年数6年 大岩 育江

看護師になったきっかけは、自分の母親が看護師であるという今思えば単純な理由です。 新卒時は、地元の総合病院で手術室に配属され、手術の手順を覚え、医師のペースを崩さずに器械出しをすることが課題でした。毎 …

好きな看護師の仕事を続けて患者さんの力になりたい
透析センター 勤務年数8年 渡部 奈緒美

私は当院に入職し約12年になります。これまで3人の子供の出産に合わせ、育児休暇をいただいてきました。今回の育児休暇明けは残業や夜勤がない職場を希望し、透析センターの配属になりました。 好きな看護師の仕 …

no image

働きやすい職場だと思います
4階病棟 勤務年数5年 大山 瑞季

私が、小林記念病院に入職しようと思ったきっかけは、学生の時の整形外科実習で日々リハビリテーションをし、自身でできる事が増えていく患者さんを見て、私も回復期で働きたいと思ったからです。 私の勤務している …

患者さんに寄り添う看護を志して
3階病棟 勤務年数4年 井野 典子

私は新卒で小林記念病院に入職し、看護師となって4年が経ちました。 何も分からないゼロからの私に師長をはじめ沢山の先輩看護師の方やケアワーカー、リハビリの方々にサポート頂きながら業務に励んでいます。 私 …

施設概要

小林記念病院

急性期・回復期・療養期の患者さんを広く受け入れる<ケアミックス型の病院>です。

健康管理センター

各種健康診断、人間ドックなど病気の予防を目的とした施設です。

老人保健施設ひまわり

要支援・要介護の方の手助けをする在宅復帰強化型老健です。

在宅支援サービス

各施設・事業所との連携で、ご利用者とご家族の安心を支えています。

小規模多機能ホーム

碧南市で一つ、ここだけ!通い・泊り・訪問のサービスを顔なじみの職員で24時間365日支援します。

碧南市養護老人ホーム

利用者の皆様に安心と安全のもと、より良い生活を営んでいただくサービスを提供します。

特別養護老人ホーム

平成30年、安城市にも開設予定!変わらぬ「介護の想い」で地域を支えます。